いよいよセンター試験!

いよいよ、明日・明後日の二日間(2017年1月13日(土)14日(日))に大学入試センター試験が行われます。そこで、直前にちょっと聞いてみて役に立つ話をいくつか考えてみたいと思います。

1)センター試験に出ない問題はない!?

センター試験は「大学入試センター」という組織が大学教授などを集めて作成しているので、もちろん学習指導要領に基づいて出題される。教科書に載っていない事柄はもちろん出題されません。これは当たりまえ。

筆者(山中)の経験談を一つ。15年ぐらい前の話。

【噂】「センター試験にはベクトルの成分は出ないんじゃね? 今まで出なかったから・・・」

>>【結果】翌年ぐらいに出題! 

最近でも、【噂】「センター試験では帰納法とかでないんじゃね?証明とか、マークシートだと出せないでしょ!」

>>結果】2013年に出題。誘導付きででた!

まぁとにかく、「軽々しい経験則に基づく予想」が裏切られます。裏切ることを意図しているかの如く裏切られます。

漸化式の重厚なタイプとか、格子点(それも空間)とか、群数列とか、何となく国公立二次とか私立大学の入試問題っぽい問題が出ます。

重箱の隅を突っつくような、「n進法」の小数表示とか、・・・

ひょっとして、「オイラーの多面体定理」とかが出題されたりして・・・ あと、「作図」とか。ある線分の垂直二等分線を作図するのに必要なコンパスと定規の使用回数、とか。・・・無いか。でも、正多面体の基本情報ぐらいはまとめておいた方がいいかもしれませんね。

正多面体の基本情報はこちらから

とにかく、ヤマを張るのだけはやめた方がいい、っていう話です。

2)センター試験は、今回を含めるとあと3回で廃止される。

何となく暴言を吐いておきますと・・・あと3回で終了するテストよりも、新しいテストのあり方などを模索する方にエネルギーを割きたいというのが、大学入試センターの本音ではないか、と。とすると、あまりにもトリッキーな問題を出して批判されるリスクは冒さず、前例を踏襲したような無難な問題が出題されるのではないか、・・・でも、あと3回だからこそ最後に試してみよう、という心理も捨てがたい、・・・などと考えているうちに、結局何も有効なことは言えない、という結論。

センター試験は無くなりますが、受験生にとってはそんなことは考えなくてよい、・・・かな?

3)センター試験と共通一次の違い

「共通一次」ってのがあったんですが、ご存知の無い若い方も増えてきてるんでしょうねぇ。筆者(山中)ぐらいの世代だと、「共通一次世代」か「センター試験世代」かである程度の年齢がわかるという狭間世代です。もちろん、両方受けたという方もある程度はいるわけですが。

んで、センター試験と共通一次の違いですが・・・

(1)共通一次は国公立大学の一次試験としてのみ使われる。例えば数学なら、共通一次の数学(基礎的)と、各大学が作成する二次試験の数学(発展的)を両方受けることになる。一方、センター試験は、従来通り国公立大学が一次試験として使用することもできるが、私立大学が個別試験(大学独自の試験)の代用として使用することもできる。その結果、センター試験は共通一次よりも難易度が一般的に高くなっていることが多い。

(2)【数学限定】ともに「マークシート」方式だが、センター試験が「答えの桁数は問題に与えられたマークシートの個数から判断できる」のに対し、共通一次では「答えの桁数のMAXは分かるが、例えば4ケタ分のマークシートが用意されている問題でも、答えが3ケタ例えば128などになれば、『アスタリスク*』を使って『*128』とマークしなければならない。」

その分だけ、センター試験の方が共通一次よりも自由度が低く、「マークシートのケタ、あるいは形(ルートを含むなど)による『検算』が可能となり、計算ミスに気づきやすい分、得点しやすい」

・・・・・

というのは実は罠

で、センター試験の問題の答えの桁数・形が決まっていることによって、試験中に「自分の間違い」を受験生は知ってしまい、計算間違いを探すという行動(または解きなおし)を取らなければならなくなる。

この「自分の間違いを探す」というのが意外と難しいんです。文書の校正などをしたことのある人ならばわかると思いますが、何らかの「思い込み」のようなものを捨てられず間違いに気づけないというのはよくあることですよね?

身も蓋もないアドヴァイス == 別人になったつもりで間違いを探せ! あるいは、別人になったつもりで、最初から解きなおせ! 迷っている時間の余裕はない! 時にはあきらめて別の問題へ進め!!

この「間違い探し」も含めてテストだと考えればしょうがないんですが、間違い探しの能力ってなかなか一朝一夕では身につかないものなんですよねぇ・・・。

この辺の話を『検算力』と題してブログに連載しようと考えてます。

 

長くなってきたのでこの辺で終わります。

頑張れ! 受験生!

 

 

コメント